出生前診断のこころえ それは真剣に赤ちゃんを想う夫婦の証 » 高齢出産のリスク » 40代の高齢出産のリスクと注意点

40代の高齢出産のリスクと注意点

数字的に見ると高齢出産は当たり前の時代になりましたが、これは医療技術の発展も大きく貢献しています。20代や30代前半に比べ、女性の身体的衰えは避けては通れず、高齢出産にはリスクがともないます。こちらでは、とくに40代での高齢妊娠・出産に注目し、リスクや気をつけるべきポイントを紹介していきます。

40代で高齢妊娠・出産をするリスク

女性の社会進出や非正規就労者の増加などの社会現象などで、男女ともに晩婚化が進み、女性の出産年齢が上がっています。過去5年間の初産の平均年齢は30.7歳と、30年前より約4歳も上がっているのが現状です。

厚生労働省によると、2019年に40歳以上で出産した女性は全体の約5.9%。35歳から39歳で出産した女性は23.23%なので、それらを合計すると高齢出産は全体の約3割を占めることになります。

とはいえ、40代に入ると妊娠する確率が低くなるほか、流産するリスクや合併症を引き起こす可能性があります。

妊娠する確率の減少

加齢とともに妊娠しにくくなる主な原因として、卵子の数の減少と卵子の老化による質の低下が挙げられます。

20代から30代前半のカップルが自然妊娠をする可能性は、25~30%と言われています。30代後半になると自然妊娠の確率は約15%、40歳では約9%、42歳では5%未満まで低下します。

生殖補助医療(排卵誘発や人工授精など)を受けた場合でも、妊娠率は20代~30代前半では40~45%であるのに対し、40歳では約25%まで低減。生殖補助医療を利用したとしても、妊娠が難しい状況になります。(※)

※参照元:[PDF]酒田市役所「男性・女性ともに妊娠・出産には適した年齢があります」

流産率の上昇

たとえ受精に成功したとしても、高齢出産の流産率は上昇する傾向があります。

日本の場合、流産の定義は妊娠22週前に妊娠が終了してしまうことです。流産は染色体の数の異常などにより妊娠を継続できない理由で起こりやすく、20代であっても一定数の割合は発生します。

20代から30代前半まで10%前後の横ばいの確率で発生しますが、35歳~39歳では約20%、40歳以上になると40%強まで跳ね上がります。

妊娠高血圧症候群と妊娠糖尿病

妊娠期間中に血圧が高くなる「妊娠高血圧症候群」や、血糖値が高くなる「妊娠糖尿病」は、高齢出産の妊婦さんほどかかりやすくなる傾向があります。これらの病気になると、母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすので、妊娠中はもちろん、妊活中から食生活に気を配ることが大切です。

胎児の染色体異常の確率が上昇

35歳以上の高齢妊娠は、ダウン症候群など染色体異常の確率が上がるのが知られています。一般的に知られているのが21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトー症候群)です。

たとえば35歳の妊婦さん(16週)の場合では、お腹の赤ちゃんがダウン症候群である確率は280人に1人ですが、40歳では76人に1人、42歳では43人に1人と確率が跳ね上がります。

※参照元:Kypros H. Nicolaides: The 11-13⁺⁶weeks scan. Fetal Medicine Foundation, London, 2004.[PDF]

その他のリスク

40代での出産は、難産になりやすいとも言われています。その理由は、産道や子宮口が若い頃より硬くなっているため、赤ちゃんが降りにくくお産に時間がかかってしまうからです。

他にも若い頃より体力が落ちているために、産後の肥立ちが長引くことなども挙げられます。

リスクを軽減するために必要なのは「備える」こと

40代での妊娠や出産についてリスクを述べてきましたが、これらは数字的な確率だったり、一般的に起こりやすい事柄であって、すべての高齢出産の妊婦さんに当てはまるわけではありません。

日頃からバランスよい食生活やライフスタイルに気を配り、適度な運動習慣があるだけでリスクが大きく低減する事柄もあります。主治医の指示に従い、母子ともに健康な状態で出産日を迎えられるよう備えておきましょう。

また、リスクがともなう40代の高齢妊娠では母体の健康面はもちろん、お腹の赤ちゃんの状態も気がかりでしょう。お腹の赤ちゃんの状況を詳しく知りたい場合には、出生前診断を受けるという選択肢があります。お腹の赤ちゃんのことが心配で不安を抱えている場合は、胎児診断を専門にしているクリニックや出生前診断を実施している病院に相談してみてください。

Dr.ぷぅからの一言
夫律子先生

私のところでは、赤ちゃんの心配をしておられる40歳代の患者様が毎日多く来院されています。確かにいろいろなリスクが上がりますが、ひとつずつ心配をなくして笑顔で赤ちゃんを産んでおられる方もたくさんおられます。40歳代の患者様はキャリアウーマンでいろいろな知識ももっておられることが多く、安定した状態で子育てをしておられます。40歳代の妊娠はもう珍しいことではありません。前向きにがんばりましょう。

夫律子先生

夫 律子(ぷぅ りつこ)

クリフム出生前診断クリニック胎児診断センター・胎児脳センター 院長(日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医/日本超音波医学会認定超音波専門医/臨床遺伝専門医ほか)

【監修】クリフム
出生前診断クリニック
日本初の胎児診断専門施設

分娩・不妊治療・婦人科治療は扱わず、胎児診断を専門とする施設として2006年に開院。絨毛検査13,414件・羊水検査2,098件と、専門施設として実績豊富(2009年~2019年累計)。大学病院から紹介があるほど医療関係者から信頼が厚く、全国から妊婦さんが集まります。

クリフム出生前診断クリニック クリフム出生前診断クリニック

検査内容を
公式HPでチェック

所在地:大阪府大阪市天王寺区上本町7-1-24松下ビル3F/問い合わせ:06-6775-8111
※開院年度・実績については同院HP参照